デスクワークで腰痛になる理由と改善方法

folder未分類

こんにちは!
ゴッドハンドの技術を実践する本格美容ストレッチ整体
Movingbodyの與語(よご)です!

4/1の「デスクワークは首肩腰の辛さのもと」
について、もう少し具体的な【腰】の症状について書きます。

この記事を初めて読む方でも大丈夫です!
簡単にまとめると、
デスクワーク時に姿勢が悪くなって、それが積み重なって長い時間になると、
首肩腰いずれにもよくない、辛さや痛みが出てくる、という話です。

今回は、腰についてです。

デスクワークで腰痛になる理由と改善方法_20220402_1
腰に関しては、
・骨盤が後ろに倒れる→腰の負担が大きく、腰痛になる
簡単に言うとこういうことですが、

多くの方は、デスクワークの際に、猫背になります。
その時、骨盤はほぼセットで後ろに倒れています。
(骨盤の後傾といいます)

人間は本来骨盤をまっすぐに立てているのが特徴ですから、
倒れた骨盤は自然ではありませんし、
歪んだ体幹では腹式呼吸もできなくなります。

本来長くやる姿勢ではありません。
でもいまはデスクワークの時代です。
一日中座って、しかも運動もほとんどしていないとなると、危険です。

倒れた骨盤の上には、背骨がありますが、
本来ゆるやかに湾曲しているべき背骨が、
その湾曲を失い、まっすぐになってしまいます。
湾曲しているおかげで、
上半身の重みを逃して負担を減らしているのですが、
それができなくなると、腰の周りの筋肉に緊張が生まれます。
そうしてストレスが溜まってしまうのです。

そんな仕組みですが、施術では、
原因になるいくつかの筋肉に注目します。
一つは骨盤の真上、背骨の周りにある多裂筋(たれつきん)という筋肉です。
もう一つは、股関節の特徴にもよりますが、
梨状筋(りじょうきん)という筋肉です。

いずれも痛みの原因になりますので、
これらの筋肉の働きを改善させる施術を行ないます。

ポイントはいずれの筋肉も、本来の伸び縮みができなくなっていることです。
そこに伸び縮みできるような働きかけをします。

筋肉の働きが正常になることで、
腰痛は改善してゆきます。

デスクワークで腰痛ならお試しください

デスクワークで腰痛になる理由と改善方法_20220402_2

☆初めての方へ
・初回は通常価格よりも50%以上お得に施術を受けていただけます。
・継続利用による改善をご希望の方には、
店頭限定販売で定価の約50%offで
2回目専用のクーポンの販売もしています。

腰痛が改善した未来のために