コロナワクチン(3回目)とCBD

folder未分類

こんにちは。

Movingbodyの與語(です)

このブログでは、

  • コロナワクチン接種(3回目)完了のご報告
  • CBDオイル使用レポート

をお伝えします。


一つ目の話題

コロナワクチン接種(3回目)完了のご報告

2/28日の月曜日に、

コロナワクチンを接種しました

3回目です。

2回目同様の辛さが来る人が多いようですよと

接種前の問診の先生が言っていたので心配でしたが、、、

コロナワクチン接種の結果

高熱や全身筋肉痛などはなく

  • 接種当日はだるさと微熱、腕の痛みが割と強め
  • 翌日は少しだるいのと腕の若干の痛み

と、あまり大きな副反応がないまま収まってくれました。

翌日の夜にはピンピンして、夜遅くまで活動しても平気でした。

それでもう一つの話題

CBDオイル使用レポート

接種当日は控えましたが、接種翌日にはCBDを摂取してみました。

(※写真はCBDオイル各種です、比較的ハイグレードなものばかりです)

CBDの摂取により、ワクチンの副反応からの回復に対して

大きな変化があったかどうかは正直不明でしたが、

摂取翌日の夜には元通り元気になり、

摂取から2日後の朝もスッキリ起きられました

私はここ半年ほど意識して途切れないようにCBD製品を使い続けていますが、

体の調子はとても良いです

CBDの経験が浅い方に多いのは、

『一回使ってみたけどよくわからない』という意見です。

正直、初めてで少しだけ摂取しても、大きな変化は感じづらいところもあります。CBDはスーパーフード業界のスーパースターだと私はよく言っていますが、

どんな症状も即座に治る万能薬ではありません。改善に至るメカニズムは、大まかにわかっているものの、未知の点もあるとのことです。

使用にあたって、なぜ摂取するのか?そういう結果(効果)を期待しているのかは人それぞれでしょうが、

効果として定着させてゆくためには、定期継続的な利用で全身の機能改善の後押しをしてくれる強力なサプリメントのような感覚での使用がお勧めです。

1度だけの利用でも体感したい場合は、単純に摂取量を増やせば実感しやすくなります。

※注意事項としては、CBD製品の多くは、自然界の天然成分が主体で、健康被害が出るような成分は基本的に含まれていませんが、おからだとの相性は人それぞれです。仮に写真の製品を一気に全部飲むような、大量摂取をしても致命的な影響は出ることはありませんが、CBD以外の「テルペン」と呼ばれる香り成分の影響で、稀にアレルギー反応が出る方もいますので、未経験の方は、まずは少量からの摂取がお勧めです。

(※といっても実際はそんな怖いものではないです。立ち位置としては他の健康食品やサプリメントと同じです。体に入れるものですから、最低限の注意喚起です)

 

ご相談も受け付けていますので、ご予約ください。