仕事で大切にしていること = 人は誰でもハイパフォーマンスだということ

folder未分類

こんにちは!ゴッドハンドの技術を積極的に導入する進化系整体

Movingbodyの與語(よご)です!

抱っこする10kgの子供
(写真は10kgになったうちの1歳児です)
 
今日は、私が仕事で大事にしていることをお伝えしたいと思います。
この仕事は、施術の仕事です。
なので、大事にしていることというのは、施術において大事にしていることです。
 
大事にしていることを箇条書きにしてみました。
順番は関係ありません。
 
それは、施術を通じて…
  • 少しでも楽な体になっていただくこと
  • 自分の体の本来の(良い)パフォーマンスに気付いていただくこと
  • そのきっかけなること
です。
特にふたつ目の
自分の体の本来の(良い)パフォーマンスに気付いていただくこと
に関してですが、
怪我や病気、先天性の障害など、
パフォーマンスを下げる要因はたくさんありますが、
 
私がこれまで約10年施術し続けてきてよく思うのは、
多くの人が、自分のパフォーマンスを低く見ていることです。
 
施術を受けに行こう、という段階ではやはり体のどこかが辛い、という状態ですので、
仕方のないことかもしれませんが、
ずっとよくならないと思っている腰痛や肩首の凝りも、
一瞬で良くなることだってあります。
つまり、少し手を加えるだけで、元に戻るんだということです。
 
すでに多くの方がいい状態になる準備ができているし、
少し歪んだままでいただけだったと、私はそう思います。
(もちろん、そうじゃない、改善しづらいケースもあります)
 
しかし、よくなるときのパターンは似ています
 
  • カウンセリングを経て、お体の特徴をお聞きして
  • 簡単な検査を行ない
  • 数分の施術のあと、もう一度検査すると
→さっきまでの重さ・痛み・辛さが減ります。
この時点で十分効いている人だとこれで施術終了でもいいくらいです^_^
(詳細な説明は省きますが、改善に時間を要するケースもあります。)
 
でも私が施術でおこなうのは、
ほんの少しだけのことです。
力はほとんど入れませんし、こちらから説明しづらい類のパワーを送ることもありません。
ただ少しだけ、本来の体の動きをできるような動きを加えるだけです。
 
整体師の仕事はなおすことではなく、本来の能力や状態を引き出すことだと、
よく整体師の方が言っていますが、本当にそうだと思います。
 
元々人がすごいパフォーマンスじゃなかったら、
絶対にこんなことできないと思います。
どの人も本当に素晴らしくハイパフォーマンスな体です。
 
あなたの体が辛いのは、少しのボタンのかけ違いかもしれません。
少し見せていただければ、長年の不調も改善するかもしれません…お待ちしてます。
 
PS.私は2020年12月に肺の胸腔鏡手術を受けて、脇を12cmほど切りました。
手術直後の最初の日は簡単に起き上がることもできないくらい痛くて辛い思いをしましたが、
そこから日に日に痛みは減って、体は動きやすくなりました。
お医者さんからは激しい運動は控えるように言われていましたが、手術後5日で軽いハイキングに行くこともできました(笑)。
腰痛や肩こりとは違う種類の辛さだということは理解していますが、
私たちの体の回復力は、想像を超えるなと、その時思いました。
慢性的な辛さも、きっと回復すると信じて、一度お体のことをお聞かせください、改善するヒントはきっと見つかります。